不動産投資交渉失敗事例No2 築古戸建て

不動産投資

最近見た物件です。

市内中心部より少し離れた海沿いにある物件でした。サーファーやマリンスポーツする人にはもってこいの場所で最近再開発が進んでいるエリアです。

しかしほんとにこの周りにスーパーないな~。

街の人生活どうしてるのかな?

サイトで一番安い物件でした。

物件スペック

中古戸建て 5DK
土地面積:148.36㎡(44.87坪)
建物面積:148㎡
木造2階建
築40年
(売り出し価格):350万円
後ろすぐ線路。接道が少し難あり。

玄関・トイレ・台所

玄関

まあまあ、綺麗でした(^^♪

トイレ

このまま使えるかな

台所

使えないことも無いけど、結構床がふわふわしていました。

床は張替ですね。

1階和室・部屋

1F部屋

1Fの部屋は特に問題ない感じです。ただ、押し入れの床や仏間の床はかなり湿気でブヨブヨでした。(^^;)

2階和室・洋室

結構、残置物ありました。

他は問題無さそうです。

結果

内覧して、「さて、指値いくらにしようかな?」

立地やリフォーム費用なんかを考慮して土地値位の150万~200万位かな~

しかし、結構内覧者や検討する人結構いるみたいだし指値通らないかな~なんて思っていたら

いきなり公開中止。

理由は接道表記に間違いがあったみたいです。

なかなかどうして、うまくいかないものですね(-_-;)

小田屋

Follow me!

コメント