太陽光発電定額買取終了と今後の件

未分類

こんばんは、小田屋です。

経済産業省が太陽光発電の固定価格買い取り制度の廃止検討を始めました。

経済産業省は、太陽光や風力など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を廃止する検討を始めた。買い取り費用が膨らみ、国民負担が増大しているため。2020年度の法改正を目指す。

毎日新聞より

太陽光の固定価格買い取り期間とは?(2019年問題)

2019年は、2009年から太陽光発電の余剰電力買取制度で買取がスタートした方の買取期間終了となる年です。
買取期間終了後の余剰電力の扱いが決まっていないことが2019年問題と言われています。

2019年問題のポイントは3つあります。

・2019年以降も引き続き売電できるか決まっていないこと
・売電できた場合、いくらかが未定ということ
・2019年に買取終了を迎える太陽光発電設備が50万件以上もあること

買い取り期間終了後は?

一定の金額で10年間、国?が一定の価格で買い取ってくれていたけれど今後はどうなるの?

ちなみにうちも2015年より太陽光発電をしており、 33円/kWh で売電しています。

月に約400~600kw発電しますので、約12,000円~18,000円売電しています。

10年で買い取り終了しますので、2025年には買い取り終了します。

各電力会社の動きは?

私の住む宮崎の電気。九州電力は?

九州電力は6日、家庭用の太陽光発電について、固定価格買い取り制度(FIT)の契約期間が終えた後の新たな買い取り価格を、1キロワット時当たり7円にすると発表した。

※今まで月に12,000円~18,000円の売電価格が10年後は2,800円~4,800円となります。現在の電気代すら賄えません。(-_-;)

月20,000円の15年ローンを組んでいるので10年後は大赤字となります。( ゚Д゚) 

4年前に太陽光発電設置を決めたとき、施工会社より、ローンが払い終われば電気代ただ+お金も入るって言われたけどなぁ(笑)騙された~。

ちなみに九州電力以外の電力会社も7~8円位です。

前回も書きましたが、これを機に各太陽光発電会社は蓄電器を積極的に売りに来ています。前回、太陽光発電決めたときはな~んにも考えていませんでした。業者の言っていたことを真に受けていましたね。バカな情報弱者の1人でした。

皆さんは今回の件どう思います?きちんと未来のことも考えて、いや 試算して勉強して決めましょう。

小田屋

Follow me!

コメント